CURRENT EXHIBITION

Current Exhibition

2020. 11 / 21 sat––– 12 / 6 sun. 

11:00 – 19:00  Close ( Tue )

Taku Obata

[ SPECTRUM OF THE MOVE ]

haku kyotoでは、このたび国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘の初のドローイング作品集「Spectrum of the Move」(TISSUE PAPERS) の発売を記念した個展を開催します。

 

B-BOYを象った大型の木彫作品を制作するかたわら「彫刻のためのスタディ」のつもりで描き始めた小畑のドローイングは、「描く」または「描くために動く」といった身体的行為への気づき、さらには画面に置いた絵具を「量として動かす」といった質量との向き合いとして捉え彫刻との共通項を見出したことによって新たな表現技法を獲得し、いつしか絵画にとどまらず、いわば「平面上の彫刻作品」とでもいうべき独自の境地に達しつつあります。

 

本書は、その進化の過程における8年分の膨大な作品群の一部を、制作行為に対する小畑の意識の変遷とともに収録。フィジカルでありながら無形でもある「動き」を、まるで光を波長や色といった把握可能な要素に微分するスペクトル(Spectrum)のように分解し可視化すると同時に己の身体表現としても昇華させた、B-BOY/彫刻家としての小畑の表現の核心ともいえる作品集です。

 

その完成を記念した、そして関西では初となる本格的な展示に際し、小畑多丘は京都での滞在制作を敢行する予定です。作品が生まれる場所の「空間性」にも大きな意識を払ってきた小畑が、京都という時空間の中でどのような作品を生み出すことになるのか。開催側としてもまだ全貌がつかめないインプロビゼーショナルな試み、ぜひご注目ください。

 

 

※1 展示会場では作品集の販売も行います。展示オープンに完成品の到着が間に合わない場合があり、その場合は校正刷やサンプルをご覧いただいた上での予約販売となります。11月中の完成にはなりますので、ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

※2 滞在制作であることにより、本情報の時点ではまだどのような作品かはわかっておりません。完成した作品の販売などに関しては改めてアナウンスいたしますが、それまでは販売に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりませんので、ご理解をお願いいたします。

Information

小畑 多丘「Spectrum of the Move」

会期:2020年11月21日~2020年12月6日
会場:haku
住所:京都府京都市下京区中之町下京区566
開廊時間:11:00~19:00
定休日:毎週火曜日

© 2020 by haku GG Co.,Ltd. 

  • haku kyoto
  • haku kyoto
  • haku kyoto