アートとTシャツと私
​作品一覧

・池島晴子

「なみなみ浮き立つ、こぼれる」

¥45,000(税込)

額装 無し

41.5×59.4×2.5cm(H×W×D)

Oil and Sand on plywood

波板が屋根の車庫の景色をモチーフに描きました。

その景色は、波板が光を受け止めている時は表と裏のコントラストで持っている色を鮮やかにして、雨が降っている時は水の音を鳴らしてくれます。特に降水量が多い時は、じゃばじゃばと滝のような壊れた水道のような、小さい規模の中で水の勢いを見せてくれるなんとも不思議な気持ちになります。

なみなみと浮き沈んだ形をした屋根は様々なものを受け止めてその度に色々な景色を見せくれます。私はその景色を見ると呼応するように気持ちが浮き立つのです。

 

​池島 晴子

1998年 大阪に生まれる

2018年 二人展 メロディーハイツ、企画・展示 Gallery素

2020年 京都造形芸術大学2019年度卒業展、大学院修了展 奨励賞受賞 

2020年 京都造形芸術大学(現京都芸術大学)」 美術工芸学科 卒業

2021年 CBC翔け!二十歳の記憶展 愛知芸術文化センター12階アートスペースG 愛知

2021年現在 愛知県立芸術大学大学院 博士前期課程 在籍中

 

アーティストステートメント

「景色」という言葉の「景観、風景とその中で起きている自然現象」と「『もの』の中で起きている、又は起きた現象により生まれた特別な色や模様などの風情」というふたつの意味その関係性をモチーフに制作しています。日常的な建物のある風景を観察し、その中での気づきを作品にしています。

287E96D8-FB0C-499C-A29C-14E28699A5D6_1_105_c.jpeg

・ウエマツタケシ

「Sanctuary」

¥66,000(税込)

額装込み

ゼラチンシルバープリント
作品サイズ 14×11インチ

額装外寸 396 × 512 × 25 mm

この街の古い教会なんかは戦争で殆ど焼けちまった。

ここは教会の代わりみたいなもんだ。

どんな権力や法律だって及ばないとても神聖な場所なんだ。

ベルリンの街にはそんな聖域が沢山あるんだ。

 

ウエマツタケシ

プロフィール:写真家、モデル、<ルイ・ビィトン><ランバン>等のビックメゾンのモデルとして活躍したのち

アジア放浪きっかけに写真を始める。独学で暗室作業を学びストリートスナップを軸に多彩な写真表現を追求している。

2020年IMA next 「street部門」グランプリ受賞。森山大道選。

C7325BCB-4928-496C-94CD-2F1925BB852B_1_105_c.jpeg

・Efrain Vivas Hattori

「untitled」

¥70,000(税込)

額装込み

原画サイズ   297x420mm

アムステルダムでのロックダウン中に描いた60枚のうちの一つの作品

Efrain Vivas Hattori

日本とベネズエラで育ち、近年はアムステルダムに居を移し活動。

彼の作り出すヴィジュアルは主にカラカスでの近代的な建築物や東京の広大なコンクリートジャングルにインスピレーションを受けて制作されている。

太田桃香.jpg

・太田 桃香

「粋なはからい」

¥49,500(税込)

額装 無し

サイズ   H487×W489×D40mm

​Oil on canvas

太田 桃香 Ota Momoka

1997 年 静岡県生まれ。
2020 年 3 月 京都造形芸術大学 美術工芸学科 油画コース 卒業 2020 年 4 月愛知県立芸術大学 大学院 入学

2020 年 「KUAD ANNUAL2020 フィールドワーク 世界の教科書としての現代アート」( 東京 ) に選出。 2021 年 「ARTISTS' FAIR KYOTO2021」( 京都 ) に出展。

京都で日常的に目にする山に興味を持ち制作のテーマとしてきました。 山を見ることや登ることが、絵を描く行為と一番似ていると感じ、山と絵を結びつけて制作してきました。 さらに現在では、山を見る行為だけでなく、身近な日常と絵を描くことの結びつきに興味を持ち、絵を描くことが生活の内側ではな く、並行したところに位置していると考えて、整理しながら制作しています。

E8F019B1-5EAF-4B33-8CD7-98EDD4924572_1_105_c.jpeg

・新宅 加奈子

I'm still alive

¥59,400円 (税込)〜 【エディション10】

ed1~3 : 59400円 / ed 4~7 : 64400円 / ed 8~10 :70400円

A2サイズ(420×594mm)

セルフポートレート

インクジェットプリント、サテン紙、アルミ複合板加工

新宅加奈子

1994年生まれ、京都を拠点に活動。2019 年京都造形芸術大学大学院総合造形領域修士課程専攻修了。 「生きている事を確認する行為」として 2010 年より全身に絵の具を纏い始め、身体と精神を拡張し自己からの脱却を図る。その行為をセルフポートレートとして展開。また、展示会場では 1日4時間絵の具を纏い続けるパフォーマンスを行う。
個展として、「I’m still alive (京都:KUNSTARZT 2018)」や「embodiment(京都: KUNSTARZT 2019)」「indication(京都:京都写真美術館 / 東京:KKAG ギャラリー 2019)」など。受賞歴として、アートアワード東京丸の内 2019 にて丸の内賞(オーディエンス賞)受賞。その他 NONIO ARTWAVE AWARD 2020 にてペインティング部門グランプリを受賞。ヨコハマトリエンナーレ 2020 episode00 出演作家。

時々私は裸になって絵の具を全身に纏います。

皮膚の上で混ざり合う絵の具は、私が私である事を超え、人間という身体を持った存在である事も忘れさせます。

それは単なる欲求や衝動ではなく、自分が自分として生きていく為に必要な行いとして始まりました。

むしろ、儀式のようなものだったのかもしれません。

私の日常のなかで現実感が希薄になり、放っておくと、「今ここにいる」という実感が徐々に失われていき、その恐怖で、私の心身は硬直してしまう事があります。

その為、私はこの儀式を繰り返す事により、そのような恐怖を取り除き、そして確かに生きている事を確認しているのです。

1E7676F5-05F4-4950-9558-263F165CB582_1_105_c.jpeg

・杉山 有希子

Mercury Spacesuit

¥110,000円 (税込)  【Unique print】

サイズ 39.6×59.4㎝

UVインクジェットプリント、白金紙

額装 有り アルミフレーム 

杉山 有希子

1985年京都市生まれ。2011年に金沢美術工芸大学の彫刻専攻 菅木志雄ゼミ 修士課程を修了。同年4月から京都市を拠点に作家活動を開始。

彫刻家として活動の傍ら2017年から写真を始めロサンゼルスへ渡米。翌年の2018年、国際的な写真芸術祭 KYOTOGRAPHIE KG+‪Award 2018 にて自身の「CRASH」シリーズがファイナリスト賞に選ばれる。また同シリーズは世界的に著名なアートコレクター Jean Pigozzi 氏のコレクションにも入った。2020年、ドイツのコンペティション "The Independent Photographer" にてナショナルジオグラフィックの Ed Kashi 氏によってファイナリストに選出される。2021年、TV番組「ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜」に出演し、「美術手帖」の総編集長である岩渕貞哉氏が総勢250人のアーティストの中から、新作を見てみたいと望むアーティスト12人に選出され、幻のスペースクラフトX-34の再生プロジェクトを始動開始。2022年、"The Arctic Circle 2022" の北極圏レジデンスプログラムにサイエンティストと共同参加予定。

D2750B28-B36E-4C80-A4A5-46C7AAD4E52C_1_105_c.jpeg

・せのー

PRAISE PARTS

¥71,500円 (税込) 

サイズ A2(420×594mm)

アクリル・木製パネル

額装 無し

自分が着用している服の中で、唯一と言ってよいほど
他者から褒められる服の写真を加工してモンスターを制作しました。

せのー
1996年岡山県生まれ。京都造形芸術大学情報デザイン学科卒。
2020年から活動を始め、現在は東京を拠点に活動する。
自身が生活の中で撮影した写真(食事や場所、所有物など)を再構成し、架空のモンスターなど、
独自の形態へ変容させる。

近年の主な展示に
『YY-U25』@y gion / 京都(2020)
『Serendipity』@有楽町OIOI / 東京(2021)
『EVO』@cocoto / 京都(2021)
『終わりの始まり』@GALLERY KTO / 東京(2021)などがある。

何かに集中している時、周囲の出来事はほとんどが
ノイズへと変換されてしまう。
自身にとって重要な事柄かもしれないのに、
重要だということに気づくことも出来ない。
自身が生活の中で体験した出来事や食事などを撮影して記録する。
それらの画像をデジタル上で再構成し、独自の形態へ変容させる。
その変容の過程は、まるでノイズのように分断されてしまった周囲の出来事の
修復作業を行うことで、新しい価値観をこちらに提示しているかのようだ。

E707EE6E-2479-4AEA-9D65-1F7059ED5D8A_1_105_c.jpeg

・たかくらかずき

LOL2

¥110,000円 (税込) 

アニメーション作品・ブロックチェーン証明付きUSBメモリー

*モニターは付属しません

3Dプリント樹脂、ABSブロック、mp4データ、USBメモリ

たかくらかずき
1987年生まれ。東京造形大学修士課程美術研究領域修了。日本の伝統的なスタイルとデジタルの持つ風味をミックスした作風で作品を手がける。TVやCM,映画のアニメーションを制作しつつ、2021年からはアーティスト活動にも力を入れる。現在はVRやNFTを使用し、日本仏教思想をテーマにデジタル表現の価値を追求している。近年のアニメーションワークスに、NHK教育テレビ「シャキーン!」テレビ東京「シナぷしゅ」劇場映画「WE ARE LITTLE ZOMBIES」、日本科学未来館ジオコスモス「未来の地層」など。steamで仏教シューティングゲーム「摩尼遊戯TOKOYO」を配信中。

東條由佳.jpg

・東條 由佳

「PORTRAIT 21 (#京都河原町)

¥110,000円 (税込) 

サイズ 530×455×20mm(*縦横自由)

アクリル・キャンバス・木製パネル

額装:無し

東條由佳/YUKA TOJO

福岡県生まれ。2014年、京都造形芸術大学美術工芸学科総合造形ゼミを卒業。2017年に徳島県・神山町へ移り住み、制作を続けている。

主な展示に受賞歴に「群馬青年ビエンナーレ2019」、「トーキョーワンダーウォール2015」など。

メインモチーフとして描かれるのは「服のしわ」。自身や家族、友人、町中の人々、雑誌、漫画そしてSNSのハッシュタグ検索などで様々な場所・媒体から対象を取り上げる。服のしわは”内部の輪郭”を抽象化するものであると同時に、“身体そのもの”がそこに存在していることを具現化しているものと定義し、「存在のポートレイト作品」として描いている。

DFE43BA8-7369-4339-82A6-38E10D85FA10_1_105_c.jpeg

TOMOYA SHIREI

「Untitled 8

¥110,000円 (税込) 

額装込み

額外寸サイズ 41.9 × 41.9 × 2 cm

Ink on paper

志礼知也/Tomoya Shirei

1992年東京生まれ。幼少期に父の点描画を見て絵を描き始める。

点、線、面からなる基本的構成を基準に、それぞれのインクがもつ特性を活かしながら、偶発性や精密かつ正確なアプローチで平面上の半立体性(2.5次元)を目指す。

西橋伸太郎「蛇骨」原画.jpg

西橋 伸太郎

「Skeleton - animal 18 -

¥55,000円 (税込) 

額装込み

額外寸サイズ 42.5 × 60 × 1.7 cm

西橋伸太郎

92年大阪生まれ 

ペインター、グラフィックデザイナー

動植物をモチーフに手描きによるペインティングをメインに、タイポグラフィ、イラストレーション、グラフィック、看板、 プロダクトなどを制作。ヴィンテージクロスへのカスタムオーダーを受け持つ傍ら東京を拠点に展示活動を行う。

画集「般若心経」TANGDENG.CO出版

蓮井元彦.jpeg

・蓮井 元彦

シリーズ「Seascape」より 九十九里浜, 2021

¥22,000円 (税込) 【エディション : 10

額装込み

Inkjet Print

額サイズ : 203 x 254mm

プリントサイズ : 203 x 254mm

蓮井元彦 写真家

1983年生まれ、東京都出身。2003年渡英。Central Saint Martins Art and Design にてファンデーションコースを履修した後、London College of Communication にて写真を専攻。2007年 帰国。国内外の雑誌や広告などで活動するほか、作品制作を行う。2013年、自身初となる 写真集『Personal Matters』をイギリスのパブリッシャーBemojakeより発表する。主な写真集に『Personal Matters』、『10FACES』、『10FACES 02』、『Personal Matters Volume II』、『Yume wo Miru』、『Deep Blue – Serena Motola』、『吉岡里帆写真集 so long』、 『for tomorrow』などがある。また、2019年にはG20大阪サミットにて京都・東福寺で行われたTea Ceremonyに際し制作された図録の撮影を手がけるなど活動は多岐にわたる。

04713C8B-4A06-44C8-B029-2E67DB0BB53E_1_105_c.jpeg

vug

「crimson」

¥70,000円 (税込) 

額装込み

額外寸サイズ : 42 x 42 cm

​アクリル・ペンキ・木製パネル

夏になると暑くて、頭が悪くなります。

 vug

プロフィール: 1988年生まれ。
4歳の頃に描いた絵を褒められた事がきっかけで絵を描き始める。
独学で絵を描き始め、グラフィティーに出会い世界観が変わる。
ドローイング、コラージュ、ファッションといった目に見える格好いいもの作り追求。
2019年"BORLER ROOM NAGOYA"ではインスタレーションを発表するなど、キャンバスを飛び出して表現の幅を広げている。

東春予.jpg

・東 春予

「ブローイン・イン・ザ・ウインド」

¥55,000円 (税込) 

額装 無し

サイズ A2(420×594mm)

ウッドパネル・アクリル・インク

東春予

漫画を時制や物語から解放し、単なる絵に戻す運動をしています。

1995年生まれ

京都造形大学情報デザイン学科

イラストレーションコース卒業



2018年  個展『実験漫画 前夜』(東京 Ondo stay&exhibition)

2019年 個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.1)』(京都 kunst arzt)

     個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.2)』(東京 亀戸アートセンター)

2020年   公募展「漫喜利」AIG賞 優秀賞

              個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.3)』(旭川 野村設計倉庫)

2021年 個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.3.5)』(東京 108)

     個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.4)』(京都 cocoto)

     個展『実験漫画(コミックはミュージックのように vol.5)』(大阪 gallery shop marco)

・深川 優

「Tシャツとジーパンと女の子」

・原画  

¥110,000 (税込) 

額装 込み

額外寸サイズ 394×509mm


・アートプリント ポスター 【エディション  20】直筆サイン入り

¥22,000- (税込)

A3 サイズ・額装無し

深川 優

イラストレーター。滋賀出身東京在住。滋賀県立膳所高校卒、武蔵野美術大学卒。

人物イラストを中心に広告、書籍、雑誌など様々な媒体で活動中。

【個展】

東京のギャラリールモンドにて2016「待ちあわせ」2018「あいちゃん」2020「東京」を開催。

4FF36E98-83D9-432A-A8B9-82A009C58130.jpeg

・松岡 柚歩

「outline (check #17)」

¥66,000 (税込) 

額装 無し

サイズ 410×410×45mm

アクリル絵具、顔料、メディウム、パネル

2021年

松岡 柚歩/Matsuoka Yuzuho

 

1996 年 兵庫県生まれ

2019 年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)美術工芸学科油画コース 卒業

2021 年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)修士課程芸術研究科美術工芸領域油画専攻 修了

〈主な展覧会〉

2021 年「ART PORT STORE@KYOTO」GALLERY Ann(京都)

2021 年「exhibition from shu」ygion(京都)

2021 年「BE AT STUDIO HARAJUKU」ラフォーレ原宿(東京)

2021 年「Border」Marco Gallery(大阪)

2021 年「DAWN-EXPOSITION 2021.04-」銀座蔦屋書店(東京)

2021 年「2020年度京都芸術大学卒業制作展・修了展」京都芸術大学(京都)

2020 年「シェル美術賞2020」国立新美術館(東京)

2020 年「SHIBUYA STYLE vol.14」西武渋谷(東京)

2020 年「うちなる時間の結晶なき混沌」京都造形芸術大学(京都)

2020 年「WEB SPURT 2020」京都芸術大学web ページ

2020 年「ANTEROOM NAHA Phase 2020」ホテルアンテルーム那覇(沖縄)

2019 年「Innocent-P-」国立京都国際会館(京都)

2019 年「HOP」京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ(京都)

2019 年「NEO SEED HANKYU ART FAIR」阪急うめだ本店(大阪)

2019 年「2018 年度京都造形芸術大学卒業作品展」京都造形芸術大学(京都)

〈受賞〉

2020 年「シェル美術賞2020」学生特別賞

2019 年「2018 年度京都造形芸術大学卒業作品展」優秀賞

〈コレクション〉

2021年 REF by Vesseel Hotels 京都八条口

2020年 ホテルアンテルーム那覇

〈参加プロジェクト〉

2020年 「GINZA ART MASK PROJECT」銀座蔦屋書店(東京)

 

 

〈ステートメント〉

パターンの層は、絵の具で形作られた絵そのものであるという面と、パネルと抽象的な形の絵の具の間に挟まることで生まれる新しい支持体としての面を持ち合わせている。

そのどちらとも規定されていない以上、視覚情報から得るものと記憶にずれが生じる。曖昧な視点から見るものは、不安定であるからこそ新しい景色が見える。

森丈人.jpg

・森 丈人

「recollection」

¥48,000 (税込) 

額装 無し

サイズ 380×455×20mm

シナベニヤパネルにアクリル、コラージュ、鉛筆、メディウム

2021年

森丈人
1994年京都府生まれ
森 丈人   1994 京都府生まれ  
2017    京都精華大学  デザイン学部  イラスト学科卒業       

記憶の中に蓄積されたイメージから人や動物、物のカタチを描き出し、それらからカタチを選別しコレクションしていく行為を作品として表現している。

山田康平.jpeg

・山田 康平

「Untitled」

¥84,700 (税込) 

額装 無し

サイズ 410×318×20mm

Oil on canvas, wood panel

2021年

山田康平

1997年大阪生まれ。2020年度武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。現在、京都芸術大学修士課程在籍。オイルを画面にたっぷりと垂らしてから筆を動かし始めることで、画面には強い身体性が宿り、モチーフに捉われない自由なペインティングを制作する。

 

・ステートメント

私は絵を描く時に、オイルを画面にたっぷりと垂らしてから筆を動かし始める。そうすることで、画面の中ではノイズを保ちながら、絵の具が滲み、垂れ、混ざることで様々な物質、記号が湧き上がってくる。四角い画面の中で絵にするために、形になるものとならないものの行き来を画面の中で行っている。

RyotaDaimon.jpeg

・RYOTA DAIMON

「Butter fried escargot 」

¥88,000 (税込) 

額装 込み

エスカルゴのバターフライ

27cm×37.5cm 

Airbrush on paper

RYOTA DAIMON

 

1997年生まれ。東京都出身。

展示やライブペイントなど勢力的に活動している。現在では展示だけでなく、NIKE、PARCO、WOWOWなどの企業案件も行い、アパレルブランドへの作品提供、店舗壁画などで自身のアートスタイルで活動の幅を広げている。素材や技法に決まりはなく自由に表現している。 

 

Born in Tokyo in the winter of 1997. 

While doing exhibitions and live painting performances, DAIMON completed projects for Nike ,WOWOW and Parco. He's also expanded the scope of his pursuits with his unique style by collaborating with fashion brands and creating murals for retail stores. DAIMON has complete freedom to express himself without being hindered by media or  technique.

FB2EFC15-628E-4FCF-94CD-50DA83A61AE6_1_105_c.jpeg

・六根 由里香

「オービタルjaws」

¥55,000 (税込) 

額装 なし

550 × 380 mm

素材:木製パネルにジェッソ、水性インク、アクリル絵具、ラッカースプレー、鉛筆、クレヨン、ボールペン、水性クレヨン

制作年:2021

○パネルに直接描き、上からシルクスクリーンとシルクスクリーンモノタイプ

六根由里香 

1995年大阪府生まれ。 2021年京都精華大学大学院 芸術研究科 博士前期課程 版画領域 修了

日常風景に潜む、一言では言い表せないモノの形や質感を再構築した作品や、版画技法において欠かせない「なぞる行為」に着目した作品を制作している。

スクリーンショット 2021-07-16 19.55.15.png

・Lotta (Ayano Nakano)

「The Ghost Queen」

・原画 【Unique】

¥91,300 (税込)   

額装 込み

額装外寸 425 × 600 × 25 mm

​作品サイズ A2サイズ (420×594mm)

デジタルドローイング作品、ジークレー印刷、紙はILFORDのスムースコットン

制作年:2021

・アートプリント  【エディション 50 】直筆サイン有り

¥50,000 (税込) 

額装込み

額装外寸 425 × 600 × 25 mm

​作品サイズ A2サイズ (420×594mm)

Lotta (Ayano Nakano)

1993年生まれ。Lottaは愛称であり、アーティスト名義の一つ。

独学で絵を描き始め、東京を拠点に2017年頃から活動をスタート。

現在はアクリル画や線画をメインに、アパレルとのコラボレーションやタトゥーデザイン、ライブペイントなど多岐に渡る活動をしている。

また音楽愛好家でもあり、都内のクラブやDJ BAR等で音楽と芸術をつなげる活動として、

不定期に展示を開いたり、フライヤーデザインなども行なっている。

 

2020年、東京での個展を機に注目を浴び、国内にとどまらず台北、ロンドン、パリ、ニューヨークでも展示を開催予定。

【個展】

'20 「Socks the Ghost Cat展」at RANITOS(Tokyo)

'19 「Lotta 展」at STREAMER COFFEE(Tokyo)

'18「Face 展」at Lantern(Tokyo)

'17「Love is Everywhere」at Solfa Nakameguro(Tokyo)

【グループ展】

’21 Jun. 「あやかし展」 GROUP SHOW (Tokyo)

’21 Mar. Galerie OVO GROUP SHOW (Taiwan/Taipei)

'21 Feb. ART NAGOYA 2021 (Nagoya)

'20 「アートとTシャツと私展」(Kyoto)

'18「Hey! Say! Graffics展」(ROCKET OMOTESANDO/Tokyo)

【今後の活動(予定)】

’21 Jul. “SORTone Gallery” 個展 (Tokyo)

’21 Sep. “haku Kyoto” 個展 (Kyoto)

’21 Sep. “BEAMS RECORDS x BOTANIZE x LOTTA” (Tokyo)

’21 Sep. “Maison Ozmen Gallery” GROUP SHOW (France/Paris)

’21 Oct. “金澤水銀窟” 個展 (Kanazawa)

’21 Nov. “Waluso Gallery” 個展 (UK/London)

’22 Feb. “GR Gallery” DUO SHOW (NY)

[作品の販売に関して]

原画作品は各アーティスト1点ずつの出品となっております。

複数人の応募希望者が想定されるため、最初の2日間は抽選販売とさせていただきます。

会場での受付と専用応募フォームからご応募いただけます。

[応募方法]

 

抽選申込を希望されるお客様は、下記注意事項を必ずよく読みお申込みください。ご応募頂いた時点で注意事項を了承したものとさせていただきます。

 

1, 抽選応募受付期間

応募フォーム:2021年7月17日(土)00:00〜7月18日(日)23:59(日本時間)

haku会場:各日OPEN 11:00〜19:00

 

2, 下記URLの応募フォームよりお進み頂き、必要事項をご記入の上ご応募ください。

https://www.secure-cloud.jp/sf/1626087874CkaTuqJK

申込受付完了の自動返信メールが迷惑メールと間違えられている場合があります。
迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられる可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。

 

3, ダイレクトメッセージでの受付は致しません。

 

4, 応募はお1人様1回限り有効とさせて頂きます。 同一メールアドレス、同一住所による応募は、1名分とカウントさせて頂きます。

 

5, 抽選結果の発表は、7月20日(火)に「当選者の方のみ」にご連絡いたします。

落選された方にはメールは配信されませんのでご了承ください。

6, 商品のお届けは展覧会終了後の8月上旬を予定しております。

作品郵送費用は作品代金と別途お客様ご負担となりますので、ご了承ください。

7, Tシャツは受注生産となりますので7月17日(土)から通常通りオンラインショップでご購入頂けます。

7月22日(水)から販売可能な作品も全てオンラインショップに掲載いたします。